So-net無料ブログ作成

ダ・ヴィンチ・コード [読書記]

続いて、長春からの戻りとお盆の日本への
帰国で読み終えたこのお話です。

映画化されて話題になっていた2006年に買ったまま
読んでいなかった本。
原作を読むまでは映画も見ないって決めたままで
ずるずると。
いざ読み始めると、のめり込むように読み続けましたけど。

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫

ハーヴァード大学教授ロバート・ラングトンと暗号解読官の
ソフィー・ヌブーがソフィーの祖父であるジャック・ソニエール
の死から始まる様々な暗号を解きながら、聖杯の謎に迫る。

ヨメは2006年に読んでいて、他にも洋物の小説とかも
好きなので、マグダラのマリアのことは知っていて、
何かの映画をテレビで見たときに、意味深な女性が
出てきた時に、ヨメが言っていたのはこれだったのかと
改めて納得。

最初はただの悪者だと思っていたアンガローサ司教とか
シラスとかにも、その背景の人生とかが分かってくると、
同情ではないけれど、感情移入できるものもありました。

謎解きの過程は、そういうことかと、分かっていくたびに
爽快感がありました。でも、これはやっぱりキリスト教を
背景にもった英語を母語にした人が読んだ時のほうが、
しっくり来るんでしょうね。そういった意味でちょっと残念。

ちなみに、本を読み終えたので、DVDを借りて
映画も見てみました。
最近流行のお試しレンタル無料のあれで。

ダ・ヴィンチ・コード [DVD]

ダ・ヴィンチ・コード [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD

よく言われる話ですが、原作がよくて、思い入れがあれば
あるほど映画化されるとがっかりするといいますが、まさしくその例。
本を読んで、あの場面がどう映像化されるんだろうと期待して
いたりしても、細かいエピソードは大体カット。
ストーリーもちょっと違うしね。

本→映画よりも、映画→本の順番がおすすめですね。
って、今更ダ・ヴィンチ・コードを読んだりするのも俺くらいかも
しれませんが。

そんなことを言いながら、この前の帰国ではシリーズの
天使と悪魔も買ってきてしまいました。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: ペーパーバック

忘れないうちに読みたいと思います。

 



ご覧頂き、ありがとうございます。
よろしければポチっとしてください。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫

 

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/09/01
  • メディア: 単行本

天使と悪魔 (中) (角川文庫)

天使と悪魔 (中) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: ペーパーバック

天使と悪魔 (下) (角川文庫)

天使と悪魔 (下) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: ペーパーバック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。